スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/30 北の国へ 34日目



「道の駅 うとろ・シリエトク」です。
シリエトク(sir-etok)とは、
陸地・大地(sir)の先端・前(etok)で
「大地の突端(行き詰まり)」という意味で、
知床(siretoko)の語源となった言葉だそうです。




この先の知床峠は、すでに冬季通行止めになっています‥




プユニ岬展望台から、さっき通って来たウトロ方面を望みます。


知床自然センターに着きました。
ここから、歩いてフレペの滝を目指します。




でも、こんなのがあるとちょっとビビリます‥




森の中の雪道を1キロ歩いて行きます。




鹿がいました。




まさに「知床 世界自然遺産」です。


この先の展望台に登ってみました。




目の前にはフレペの滝と断崖絶壁があります。
ダイナミックな風景に圧倒されます。




フレペの滝は川が流れ落ちるのではなく、
断崖の割れ目から湧き出ています。
その様子が涙に似ているということから
「乙女の涙」とも呼ばれています。


091130-10P.jpg

展望台から来た方向を振り返って見たのですが、
こちらも、素晴らしい風景が広がっています。
(画像クリックで、拡大します。)



091130-11P.jpg

帰り道の景色です。

草原の向こうに雪をかぶった知床連山が見えます。
大自然を感じられました。
(画像クリックで、拡大します。)



ただ他に人がいないので、実はちょっと怖かったです(笑)





帰り道も鹿を見ました。
鹿もこっちをずっと見てるんですね(笑)




知床五湖は冬季閉鎖しているらしいのですが、
行ける所まで、行ってみます。




景色のいい所に来ました。
ここから、道は下って行きます。




下った所で、通行止めになりました。

ここでUターンして、ウトロに戻ります。




知床八景の一つ「オロンコ岩」に登りに来たのですが、
工事中で通行不可になっていました‥(泣)

ただ、オロンコ岩の下にトンネルがあって
向こう側に行けるので、行ってみました。


091130-17P.jpg

ウトロ港が見えます。右側の山がオロンコ岩です。
海と山が見渡せて、いい景色です。
(画像クリックで、拡大します。)





「ウトロ温泉 知床第一ホテル」です。




広々とした大浴場でたくさんの湯船があります。
窓からは温泉街と海が眺められました。




開放的な露天風呂が、最高です。





本日の日の入り、3時47分って‥早過ぎるだろ~





ただ今、3時55分。ついさっき沈みました‥(悲)

ここから、標津方面に行くためには
峠を越さなければならないのですが、
夜は厳しいだろうな‥

でも、明日の昼まで待つのも大変なので、
思い切って行ってみます。



雪も多少はあったのですが、凍結はしてなかったので
ゆっくりなら進むことが出来ました。
でもさすがに、写真を撮る余裕はありません‥





何とか無事に、根北峠の頂上に着きました。





でも、まだまだ難所がありました・・・

下りの方が怖かったです。



どうにか峠が越せたので、そのまま中標津に向かいます。





中標津の「トーヨーグランドホテル」です。




中標津の市街地に位置するシティホテルですが、
温泉も充実しています。




露天風呂もあって、ゆっくりくつろげました。


スポンサーサイト
プロフィール

1000syu

Author:1000syu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。